快気祝

快気祝について

「快気祝」とは、病気や怪我などから回復した際、お見舞いに来てくれた方に対してお礼を行うことです。入院や自宅療養をしていた方が回復し、元気になれた場合には「快気祝」を贈りましょう。

一方で完全には良くならず、通院を続ける場合などは「御見舞御礼」を送ります。入院中・療養中、大変な時に支えてくれた感謝の気持ちを品物に込めましょう。

快気祝のマナー

  • 贈るタイミング

    退院後すぐに贈らなくても問題ありません。体の状況がまだ本調子ではない時に無理をするのは厳禁です。快気祝いは、あくまで元気になったことを伝えるメッセージ。基本的には1カ月以内なら問題ないので、心身共に整ったタイミングで快気祝を贈りましょう。

  • 贈る品物

    快気祝は、いただいた品物に対して「2分の1~3分の1程度」の金額に収めるようにしましょう。また、贈り物は「病気が後に残らない」という意味合いを込めるのが基本です。具体的には、グルメ商品などの「消費できる品物」や、洗剤や入浴剤など「悪いものを洗い流す品物」がおすすめです。

  • 掛け紙の注意点

    病気や怪我を「二度と繰り返さない」という願いを込めるため、掛け紙には「結びきり」の水引を使いましょう。のしに書く言葉は「快気祝」(完全に体が回復していない場合は「御見舞御礼」)と、病気(もしくは怪我)をした人の名前です。

東松山ハリカにできること

  • 礼状のご用意と豊富な品揃えで、
    お客様のギフトシーンを
    お手伝いします

    「お見舞いに来てくれた方が、心から喜んでくれるものを贈りたい。けれど、どれが適したものなのかわからない」。そのようなお悩みを抱える方も多いのが快気祝です。

    当店では、豊富な品ぞろえを武器にお客様のギフトシーンを徹底サポートいたします。
    また、快気祝いには必要不可欠な礼状作成サービスもご用意しております。来店が難しい場合も、電子カタログのご案内、お品物のお届けも受け付けます。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

  • こんなお悩みは
    ありませんか?

    • 礼状の作成方法が分からない
    • 何を贈れば喜ばれるか知りたい
    • 頂いたものの金額がわからない
    • 品物を選ぶ時間がない
    • 店舗に行くことが難しい
    • のしを作成してほしい
    公式LINEで相談する

ピックアップ商品

Contact us

贈り物のご相談、メッセージカードの作成、カタログギフトの送付、カタログ請求など、幅広いご要望に対応します。

LINE友達追加

お友達追加後、「ホームページ見ました」と入力してメッセージの送信をお願いします!

フリーダイヤル

【電話受付】10:00~18:00